2008年05月22日

薩摩芋の植え付け

今日は薩摩芋の植え付けにはうってつけのおっ天気晴れ
大人22人、子ども10人 の参加でした♪
農園05-22-1
薩摩芋の蔓は『植える』ではなくて『刺す』と言います。
なるほど・・・目
拳ほどの大きさ7センチほどの深さの穴を掘って、斜めに差し込みます。

上手いこといったかな・・・目

農園05-22ー2
次は『トウモロコシ』です。
これは指でチョいっと穴を開けて、一粒入れます。
順番・・順番・・・・・
農園05-22ー3
隣の畝にできている『いちご』を、食べてもいいよ♪とのこと・・・・
きゃぁ〜〜〜うれしぃ〜〜〜〜〜ハートたち(複数ハート)黒ハート揺れるハート
農園05-22ー4
そしたら・・今度は・・・こちらの畝に育っている『玉ネギ』を、
『抜けたら、持って帰ってもいいよ♪』・・・とのこと・・・・

これがなかなか大変で・・・・・わーい(嬉しい顔)・・・・・ママの声援が大きかったです手(グー)
玉ネギの上には ねぎが付いておりまして、こちらも食べられるんですよ♪
農園05-22-5
最後に、『レタス』も頂きました。

こんなにお楽しみがいっぱいあったなんて・・・・・・

お世話してくださっているKさんに・・・すり寄っているのは、誰だ!!!
毎日でも来てください・・・・なんてお言葉を頂いたら・・・・
かご持って、行きます手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)

みんなはお土産のお野菜でなにを作ったのかな??
コメントを待っています。

薩摩芋の収穫は、11月。
でもその前に、トウモロコシが夏にできます。

お楽しみにネ♪

最後になりましたが西成高校の皆様、ありがとうございました。

大きな大きな感謝を Kさぁ〜〜ん  ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by ぴよちゃんマスター at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ぴよちゃん、農園へ行く♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サツマイモの苗植え、ご苦労さまでした。
秋の収穫が待ち遠しい…参加できなくてちょっと残念…。
サツマイモの苗植で思い出します。もう何十年も前ですが最初に勤務した阿倍野児童館で河南町の荒れた畑を借り受け児童館畑を作っていたことがあります。阿倍野の青年会(当時まだ活動していました)の人たちと畑を耕し児童館の子どもたちを引き連れサツマイモ植え、秋には焼きいも、春にはジャガイモ植え、5月にジャガイモを収穫しカレーを作って腹ごしらえをし、サツマイモの苗植を繰り返していました。ときには大麦を植えたことも…ここから青年会のメンバー間で一組のカップルが誕生したこともありました。

カブト虫の飼育ブログからはじまり、カブト虫の好きなクヌギの木のドングリを拾ってドングリ銀行に預けるどんぐりブログに…このドングリがころころと西成高校の農場までたどり着いたのですね。
いやいやおどろきました。
誰かが「わらしべ長者みたい?」とつぶやいていました。このつづきはどうなるのか楽しみですね。
Posted by モトカン at 2008年05月23日 20:33
昨日は楽しい体験をさせていただきありがとうございました。
持ち帰った『玉ネギ』は鰹のたたきの引き立て役(反対かも・・・)になって、美味しく腹の中へ♪
トウモロコシに薩摩芋・・・・お休みせずに参加しますよ!!
Posted by 都会の農婦 at 2008年05月23日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。